ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

歌枕見てまいれ  2011年11月22日 08:00

西山審議官

藤原実方

原子力安全・保安院の元広報官、西山英彦審議官(54)が、環境省に出向させられ「福島除染推進チーム」の次長に任じられました。本拠は福島市ですから東下り。まあ明らかな左遷です。

この報道を目にした時、脳裏をかけ巡ったのは、藤原実方(さねかた)でした。

かくとだにえやはいぶきのさしも草 さしも知らじな燃ゆる思ひを 51番

実方は、百人一首に撰じられているこの歌の作者ですね。平安中期の貴族。従四位上・左中将に任ぜられた時は三十代初めだと思われますから、順調に出世していたエリート官僚です。経産相で審議官に達した西山氏と同じぐらいに。
Wikipedia によれば「藤原公任・源重之・藤原道信などと親しかった。風流才子としての説話が残り、清少納言と交際関係があったとも伝えられる。他にも20人以上の女性との交際があったと言われ、『源氏物語』の主人公・光源氏のモデルの一人とされることもある。」
毛並みはよく、頭脳の回転はやく、歌をよく詠み、インテリでイケメンで女性にもて、若手エリート官僚の俊秀。言うことがない。西山氏よりすごい。(笑)
しかしその彼を不運が見舞うのです。自業自得なんですが。

長徳元年(995年)に一条天皇の面前で藤原行成と歌について口論になり、怒った実方が行成の冠を奪って投げ捨ててしまったのです。行成は取り乱さず、主殿司に冠を拾わせ事を荒立てなかったといいます。
しかし、これが原因で天皇は激怒しました。
当時、貴族が宮中でかぶる冠というのは、特別な象徴であったらしい。それをはたき落すというのは無礼のなかの無礼。言語道断の振舞いだったんですね。
怒った一条天皇、実方を陸奥守に任じます。東北は仙台近くの国府、多賀城に飛ばされるということです。左遷ですね。陸奥といえば都から最も遠い地。今のサラリーマン感覚からいえば東京本社から北海道遠軽支店という感じですかね。(笑)

この時、一条天皇が発した言葉が、

歌枕見てまいれ。

陸奥国は百人一首ちゅうでは「末の松山」がありますが、さまざまな土地についての言い伝えをもとにした歌枕がいっぱいありました。それで「歌枕」といえば陸奥というぐらいの土地。一条天皇は「歌枕の地に赴いて歌の勉強でもしてこい」と言ったのですね。

勤務中、女性職員とキスしたと報じられ、広報担当をおろされた西山氏に、大臣(決めたのは大臣官房でしょうが)が「歌枕、見てまいれ」と言ったわけですね。まあ、

セシウム吸ってこい。

みたいなものと、私は思っているんですが。
個人的には私、西山審議官には同情してるほうです。クリントン見なさい。それこそ勤務ちゅうにホワイトハウスの事務室で見習い事務官のモニカ・ルインスキーにフェラチオさせていたんですよ。だからって大統領クビになってない。国民も「辞めろ」なんて言わなかった。オフィスでチューぐらいいいじゃないの。

……いや、これぐらいにしておきましょう。

実方は長徳4年12月(999年1月)、任国で馬に乗り笠島道祖神(現在の宮城県名取市にある)前を通った時、乗っていた馬が突然倒れ、下敷きになって不慮の死を遂げました。現地では「下馬しなかったから神様が怒ったのだ」と言われています。年齢は40歳ほど。光源氏のモデルとされたイケメン貴族は、結局、都に帰ることが出来なかったのです。
西山氏が任務をまっとうして無事帰られるよう祈ります。

イイネ!(3) きた 霞 麻屋 寿@ロープ沖縄
==============================
コメント

ぐらんぴ 2011年11月22日 14:21
奇しくも、この笠島道祖神そのものが、歌枕の一つでした。
万葉集に、
草陰の 荒藺 ( あらゐ ) の崎の笠島を見つつか君が山路越ゆらむ
などがあります。

ぐらんぴ 2011年11月22日 14:54
どうも西山氏に同情票が少ない。(^_^;)

未婚の父 2011年11月22日 23:39
文才ある政治家の左遷というと、蘇軾を連想します。


ぐらんぴ 2011年11月23日 04:05
>未婚の父さん 西山氏はエリート官僚というだけで、文才とはどうやら無縁のようですね。あまり面白みのない左遷。しかし左遷のロマンというのもありますね。菅原道真を頂点として。

霞 2011年11月23日 11:26
あの緊急時、西山氏が報道を担当してくれたのは、なんとなくユーモラスで、心を落ち着かせてくれたものです。
原発関係のなかでは、イイ人だったのかなあ、と。
「左遷は、きのどくだったかな」、と思いますけど、仕方のないことですね。

未婚の父 2011年11月23日 12:37
>ぐらんぴさん
菅家(あえてこう書いてみます)は、生還できなかったし、大宰府では嘆く姿しか伝わっていませんから、西山氏の話に使うのは不吉だと思ったので。
かたや蘇軾、左遷先で東坡肉のレシピ作って、詩にしちゃってますから。この生命力を見習ってください。>西山氏
http://www.k2.dion.ne.jp/~osafune/kansi/nikuwokurau/kurau.htm

霞 2011年11月24日 22:27
それにしても、西山氏の左遷から、百人一首の歌人に飛ぶなんて…!
思いもしませんでした。いいお勉強をさせていただきました。

西山氏の場合、恋にならず、ハレンチ扱い。いささか哀れですね。
スポンサーサイト

札幌3日め 2011年06月23日

何かイベントがあるのだろうか、センチュリーローヤルの5000円連泊エコプランというのを追い出された。満室だという。今日は喫煙可の部屋に移動させられた。いつもいつも最低料金で泊まるやつの便宜なんて計ってられるかという魂胆かよ。
仕方なく別のホテルを頼む。家人がネットで北口のベストウエスタンホテル、フィーノ札幌というのを予約。8500円。東京じゃビジネスホテルのふつう料金であるが、老舗一流ホテル5000円の洗礼のあとはインパクトがない。新築で館内の雰囲気は「最上部」にランクされているといってもね、病院から帰るとバタンという日常では。部屋でくつろぐヒマもないよ。

部屋チェンジに備えて荷物を纏め

兄の様態は集中治療室から一般病棟室へ移った。
全然快方に向かってはいないが、集中治療室では本人が落ち着かないからだ。これは初めて使った五十音表で「へ」と「や」を差したことの効果。目と耳からは情報はインプットされてる。口からのアウトプットが破壊されたのが脳幹梗塞。体で動かせるのは手足の先ほんの少し。瞼の開閉ぐらい。

薬学の専門家なので病院のなかの意志も看護婦もそれを知っている。どんな薬物を使われるかに神経質になっているので看護師たちは処置をするためにどんな薬をなんのためにどのように使うかを丁寧に説明してから始める。ラシックスなんてのが使われてるので驚いた。まあ、こういうところ浮腫ができたら使うのが本来なんだけどね。
義兄は北海道大薬学部卒業後、助手を経てアメリカ、ミシガン州立大薬学部に留学。帰国後、北海道小樽市に新設された北海道薬科大の助教授、教授、学長となり二期を勤め三期め。薬科大は履修過程が6年になって来春が初の6年生システム最初の学生が卒業する。それをこの目で見るのが願望だったが、どうも無理のようだ。
学長になってからは激務で、接待会食が多く出張も多い。健康のコントロールが難しくなってゆき、糖尿病もついにインスリンに頼ることに。ついに梗塞体質になってしまった。
その間、グループのなかで唯一黒字という成果を出し続けた。それを維持するための心労はかなりきつかったようだ。
まあ大学学長としての責務をまっとうしての討ち死にといえば格好はいいけどね。

その理性と性格が脳にとじ込まれてしまった。脳幹がやられて閉まったのでI/Oがダメになり、出力が失われた。出るのはぜいぜいという呼吸音だけである。
もちろん体はすべて言うことをきかない。ふだん、私たちは皮膚、筋肉、骨格、筋、脂肪などをさほど意識しないが、脳幹梗塞を起こすと、それら「脳」を包み「脳」の意のままに動くべき「道具」は動かなくなり、すべては脳を取り囲んで閉じこめるための「檻」あるいは「被殻」になってしまう。本来なら脳のアウトプットを補助してくれるすべての皮膚、筋肉、骨格、腱、神経……が意志の表現を阻害する役割をつとめる。脳はまったく動かないそれらの「殻」のなかに生きたまま閉じこめられるのだ。これは怖いと思う。しかも恢復の見込みは極小なのだ。
目下、そういった「肉の檻」のなかに閉じこめられている兄の思考は「治療を最小限にして死期を早めてほしい」ということである。今日も輸血されることに不満の意を表明していた。本来、あらゆる点滴も不要で、衰弱を早めて各機能を逐次停止させて死亡時期を早めてほしいという意志を我々に伝えてきている。
医師側との折衝がね、ともかく難しいのである。
ふう、また寝よう。 twitter もあまりやるほどの気力が湧かない。もう少し寝て明日に備えよう。
==============================
コメント

天命卿貴2011年06月23日 10:50
ご心労を御察し致します。健康にご留意ください。

超ローカルなエポニム「石田割り」 2011年05月29日

石田割り


「エポニム」というのは「固有名詞が普通名詞として使われるようになった単語あるいは複合語」として定義されます。地名エポニムと人名エポニムがあって、地名エポニムは「デニム」(de Nime >ニーム産の粗い綿織物)、人名エポニムは「バーキン」(Birkin>エルメスが女優ジェーン・バーキンの求めに応じて作ったハンドバッグ。「ケリー(ズ)バッグ」も同類)のような語です。
「エポニム」と呼ばれるには「大多数の人がその語源を知らずとも使っている」というのが最低の基準でしょうね。私たちは「リンチにかける」という言い方をしますが、リンチがアメリカ南部の厳格というか自分勝手に死刑を連発した判事の名だということを知りません。それでもほぼ万国に共通して語の意味は理解されます。
その基準からいえば、これからあげるエポニムは、まだエポニムと呼ばれる資格はないでしょう。東京のごく一部で通用するらしいので「超ローカル・エポニム」として採り上げておきます。

石田割り

居酒屋、酒場などでのアルコールドリンクの名称。
「マッコリのオレンジジュース割り」
これを新宿方面の一部のお店では「石田割り」と称します。
ある酒場で「石田さん」という人が頻繁にこのドリンクを注文することから、この界隈ではごく自然に「石田割り」で通用するようになったとか。
面白いことに、この石田さんはちゃんといま現在、生きていて新宿二丁目、三丁目かいわいを飲み歩いているということですね。お顔は存じ上げませんが、一度お会いしたいものです。(笑)

やがて消えてゆくか、それとももっと広がってゆくか、今後の成り行きを見守りたい生まれたばかりのエポニムです。日本人で近代、食べ物呑み物に人名がついた例は少ないので、「石田割り」は定着したらちょっと希有なエポニムとなるでしょう。
そもそも自分の名を名詞として名を遺すというのは、なかなかの偉業なのです。(医学分野では「川崎病」、スポーツ分野では「山下跳び」などがあります)

ちなみに「石田割り」は甘味もしつこくなく、ベースがマッコリですからきつくはない。呑みやすいので、どんどん呑んでしまいます。女性もOKかな。

==============================
コメント
イイネ!(1) チヒロ(♂)

ぐらんぴ2011年05月29日 18:33
で、私は昨夜、某店で六杯も飲んでしまいました。

わらねこ@笑夢猫2011年05月29日 19:22
ぐらんぴさん、連れてってください。
興味津々

ぐらんぴ2011年05月29日 19:39
えー。私のなじみのところじゃないので、どうかなあ。



KillerLegs_Aki2011年05月30日 00:09

わらねこ>お連れしますよ♪
ぐらんぴさのオフ会をやった荻窪のバーでも
石田割り、で通じます♪

KillerLegs_Aki2011年05月30日 00:19
わらねこさん>あ、ごめんなさい。
呼び捨てにしちゃったm(_ _)m

わらねこ@笑夢猫2011年05月30日 03:05
KillerLeges_Akiさん
ありがとうございます。
呼び捨てなんて…光栄です。

荻窪のバーでもオッケーなんですね。
行ってみたい場所の一つ(笑)。

なにぶん、東京まで740キロの彼方に住んでいるので、なかなか難しい(苦笑)。


ぐらんぴ2011年05月30日 09:37
もう誰も読んでないだろうけど、マッコリは日本酒の元みたいなものだ。日本酒のオレンジジュース割りなんてのはどうだろうか。今は朝だから実験する気はないが、夜になったらやってみよう。うまければ「ぐらんぴ割り」として広めよう。……って、もうすでにみんな呑んでたりして。

ぐらんぴ2011年05月30日 09:39
飲み物類でエポニムというと、カクテルには多い。有名なのは『マルゲリータ』かな。バーテンダーが死んだ恋人の名をつけたという説。食べ物では『サンドイッチ』以後に有名なのは『シーザーズ・サラダ』か。メキシコのレストランオーナーの名前に因むという。

わらねこ@笑夢猫2011年05月30日 11:01
ちゃんと見てます。
確かに、ひな祭りの白酒に似てる。

日本酒のオレンジジュース割りって、どんなだろ。

てか、下戸なオイラですが。

小夏マーマレード2011年05月30日 19:43
えっと
月曜日なので、今夜は休肝日ですから、実験は、明日以降にお願いしますm(__)m

ぐらんぴ2011年05月30日 20:14
>小夏マーマーレードさん
それ、さっきオレンジジュース買ってきてから気づいたところ。(;_;)

のぶ(nob)2011年05月31日 19:59
「山下跳び」に反応しますが、同じ体操の技でも、海外モノは「トカチェフ」とか「シュタウダー」とか、名前だけで「○○跳び」すら付きませんね。その後「ホンマ」とかも出てきたから、むしろ「山下跳び」「塚原跳び」が特殊なのか。というか、跳馬でしか使わないのかな。
混乱させてごめんなさい。


ぐらんぴ2011年05月31日 22:29
>のぶ(nob)さん
いいところに目をつけましたね。
これは、日本の場合、固有名詞がそのまま動詞にならない、という文法上の制約があるというのが多いんでしょうね。英語はdanceというと「踊り」という名詞でもあり、「踊る」という動詞でもあり、どっちにでも使える。リンチといえば「私刑」だし「私刑にかける」でもある。だから「トカチェフ」も名詞であり動詞であることができる。
日本では「山下」「大塚」という名詞を動詞あるいは動詞ふうには使えない。本来は「山下流で飛ぶ」という動詞的な使いかたを「山下」とは言えないんですね。日本語で固有名詞が動詞として使える例はなく、たとえば「江川る」「tsudaる」( twitter で生中継する)というふうにラ行五段活用の語幹として助動詞におくられないとだめなんですね。
というわけで「山下ふうで跳ぶこと」というのは。どうしても「山下+跳び」になるんですね。
証明終わり。(笑)

のぶ(nob)2011年06月01日 11:06
おお、ネタになってよかった。
ギンガーという鉄棒の技があって、これも人名なのですが、時々「ギンガー宙返り」とも言われていました。どうしても、何かくっつけたいのか>日本人。見りゃわかるって、宙返りだということは。

そういえば超マイナーネタですが、山下跳びの山下治広さんは、その後、姓が変わって松田さんになっちゃったけど、山下跳びは旧姓のままでした。


いしだこーへー2011年06月07日 04:53
はじめまして。石田割りのいしだでございます。大変楽しく日記拝見させていただきました。先日荻窪でパーティー中アキさんに聞きましてお邪魔しました。
じつのところ僕自身の命名ではなく、今はもう無いのですが、新宿にあったジンギスカン屋でいつも頼んでいたところネタにしていただいたので、自分でも広めようと思った次第です。
今、都内7ヶ所、全国だと8ヶ所で通用します(笑)。大変ローカルでございます。
札幌ではマスカットジュース割りもあるそうで、それも美味しそうだなぁ。などと思っております。組み合わせも楽しめますし、酒に強くない女子にもコレから入ってマッコリ好きになってもらったらな、とも思ったりしております。
長文失礼いたしました。

ぐらんぴ2011年06月07日 17:02
>いしだこーへーさん
おお、ご来臨いただくとは、望外の喜びです。(^_^)/
ぜひ「石田割り」をひろめて私が作成中の「日本語エポニム辞典」に掲載できるようにしてください。そのうち新宿のどこかでお目にかかりましょう。

ぐらんぴ2011年06月07日 17:08
前ののぶさんの提起した「人名」が動詞になる場合ですが、「山下」と漢字で書いちゃうと日本語ですからそのまま動詞にならない。しかし「yamashita」と英語で書けば動詞になるでしょう。そして「ヤマシタ」となると、これは英語の外来語と考えて、動詞活用形で送らなくてもそのまま動詞として使えるでしょう。「ホンマ」はそうなのではないでしょうか。

のぶ(nob)2011年06月08日 09:17
体操の技に関しては、動詞として使われることはないかもしれません。
It's Honma!
Now he's trying Tsukahara.
とか。

いずれにせよ、日本語だと「○○病」とか「○○跳び」になるところを、英語だと人名だけを使っちゃう場面がありそうですね。もちろん「スズキメソッド」のように、後ろに付く方が多いのでしょうが。

「パソコン通信なんて出さないでください」 2011年04月20日

149chikashitsu_ane_l.jpg

姉と弟・監禁調教


前の日記で、25周年ということでパソコン通信 Nifty-Serve 時代のことを書いたら、反響が大きい。みなさんの懐旧の情をかきたてたようだ。(^_^;)

そうしたら今日、忘れた頃にやってくるものが来た。
天災ではない。増刷通知である。
近年の私の増刷通知は、天災なみに、前のがいつだったか、思い出せない間隔でやってくるのである。(笑)
幻冬舎の『地下室の姉の七日間』。
http://tate.32ch.jp/list_html/list1_html/149chikashitsu_ane.html
これは1990年に刊行された『姉と弟・監禁調教』(フランス書院)の復刻である。
http://tate.32ch.jp/list_html/list1_html/042kankin.html

詳しくは著作リストをご覧になってほしいのだが、パソコン通信をやっている若者が、SM専門の草の根ネット局に加入して、年長のサディストに誘われて、とんでもない世界へと導かれてゆく物語。

私が Nifty-Serve に入ったのは、実はそういうSMマニアが集まって情報交換をしている場に加わりたかったからである。ところが Nifty-Serve 内にはそういうのは無くて、掲示板(教えてください/教えます)に質問して教えてもらったMOONーNETでようやく念願を達することができた。
本書は、その経緯を下敷きにして書いているのだけれど、復刊にあたっては、いかになんでも20年前のパソコン通信では知らない人が多かろうと、ここはインターネット上のホームページに置き換えてある。

私の苦闘の歴史(出版社と編集者に対して)が知りたければ、『姉と弟・監禁調教』の著作リストをご覧になられるといいだろう。実に情けない顛末を知ることができるであろう。

「パソコン通信なんて出さないでください」

そう言われた、記念すべき?作品なんである。(;_;)
しかし1990年というのはね、やっぱり早すぎたのだろう。 Nifty-Serve の会員も、まだ50万人に達していなかった頃ではないだろうか。ちょっと時代の先を行きすぎた失敗作だったわけだ。(笑)

==============================
コメント
イイネ!(9) 若にーる AOY 黒木仙伍 冴月さくら Y嬢 チヒロ(♂) momoシーナ むー Commander-紫弩


神名・Melissa=龍子2011年04月20日 21:01
今のインターネットと違って、パソコン通信をやってると言っただけで「パソコンおたく」扱いされましたからね(^^;)。
ちなみに三和出版のネットが平成3年スタートでした。

ぐらんぴ2011年04月20日 22:52
>神名・Melissa=龍子さん
おお、その節はお世話になりました。(^_^)/

神名・Melissa=龍子2011年04月20日 23:33
日本初の女装専門ネット「EON」の開設が、もう1年くらい早くて、平成2年のGWでした

ぐらんぴ2011年04月21日 02:19
それも会員でした。(^_^)

ワグマ2011年04月22日 22:17
私にとっては2番目に好きな作品(誰かの本と違って女性が不幸にならないから)です。時代の最先端を体現していました。私はSFがバラ色のころのSFファンなんです。

ダブルバインド 2010年11月13日23:04

杉田かおるヌード

ダブル・スタンダードというのがあります。
統合失調症の原因になると考えられている。
人がある一つのことを推奨し、実行しろと要求する。それならばと従うと、同一人物に「どうしてこんなことをするのか」と叱られて罰せられる。
どうしてよいか分からなくなると人間、頭がおかしくなっちゃうんですな。

むーさんの著書の表紙絵がいけないと削除されて、これ(上の画像)がよろしいというのは、ダブルスタンダードではあるまいか。
こちらのほうがガキ……いや未成年会員には刺激的だと思うがいかがなものか。
mixi事務局は検閲の基準を具体的に実例をあげて説明してほしい。

「一糸纏わぬ」という表現は私も愛用しているが、すぐれた官能表現だと思う。私は読んだだけで欲情する。(笑)

杉田かおる、ヘアヌード写真集発売決定!一糸まとわぬ40代究極の美ヌード解禁!
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1405057&media_id=14

==============================
コメント

ぐらんぴ2010年11月13日 23:12
ちなみにこの日記は画面として保存してあります。
削除された時の証拠として。

『~』2010年11月13日 23:16
それは要するにあのカビの生えた「エロか芸術か」でありましょうね、多分w。

ぐらんぴ2010年11月13日 23:23
そうか立木義浩だからか……。彼だって青山墓地でヌード撮ったら逮捕されるぞ。悔しかったら青山墓地で撮ってみろ!(いや、そういう問題ではないと思うが)

むー2010年11月13日 23:23
宣伝のため、いくらか貰うとOKなのでしょうかねえ。

ぐらんぴ2010年11月13日 23:50
>むーさん
>宣伝のため、いくらか貰うとOK……

それだと三重基準ぐらいになっちゃいますね。(笑)
百万円出せばよし、それ以下だと×だとか。

あや2010年11月14日 00:03
やはり、金が基準なんですかねえ。
プレミア会員になってるのになあ。
そんな端金じゃダメってことですかね。

呂◆gQikaJHtf22010年11月14日 01:08
統合失調症の場合にはダブルスタンダードというよりもダブルバインド(二重拘束理論)のほうが一般的に使われていました(過去形)

なぜかっというとパーキンソン病の発病機序から類推して、統合失調症の発病要因は心理的要素よりも生物的要素の方が高いのじゃないかと昨今では定説化してます。

それと、数年後にはなんと!統合失調症という概念がなくなる可能性もあります。うつ病もなくなります。いわゆる躁うつ病は残りますが・・・

もっとも10年後にはどうなるかわかりませんけどね。

杉田さんの後ろ姿ですね。うーむ小生と同じ歳で吉祥寺駅にて高校生のときの杉田さんを見たことがあるのですが、儚げな感じがいまや堂々たるMilfとなっていて、ちょっと青少年にはエロ度高い?かな。うふふ

ぐらんぴ2010年11月14日 02:18
あ、そうか、ダブルバインドだった。
でも頭おかしくなりそうだけどね~。(固執)

あや2010年11月14日 10:33
マイミクさんのマイミクさんで、ルノアールの裸婦画を載せたら削除された方がいたので、芸術か芸術でないかは判断基準では無い模様。

やはり、金ですかねえ……。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (71)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (12)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (7)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (6)
雑学(モノコト) (10)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (11)
SM (2)
路上観察 (14)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (7)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (6)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (2)
映画 映像 (2)
料理 酒 (4)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん