ぐらんぴ日記

mixi上で「ぐらんぴ」が書いている日記の引っ越し版です。文字サイズ変更できます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無力感 2012年05月13日

(病苦の話ですので、避けたい人はスルーしてください)

「とこずれ」
転院を繰り返す次兄を、札幌の病院に見舞っている。暮に見舞ってから4ヶ月半。
脳幹部の脳梗塞で。意識はあるけれどかろうじて右手がすこし動くだけの体は、手も足も筋肉がそげ落ちていた。
最初の発作で倒れたのが一年前。家族は治療についてさんざん悩まされてきた。
特に言葉を発せられず身振りもできない患者とのコミュニケーション。
意志疎通のためのツールはいろいろ試みたのだが、パソコンを用いたものなども効果が得られず、結局は原始的な五十音表でかろうじて短い単語が理解できるだけに。
今回、とりあえず何をしてほしいかという私の問いの答えが「とこずれ」だった。
自分で寝返りも打てない脳梗塞患者は放置しておくと褥瘡というのが出来る。皮膚と筋肉が鬱血のため壊死をおこす。ふつうとこずれという。
どの病院でも二時間おきに看護師がきて体の向きを変えてくれる。褥瘡を防止するためだ。
それでも寝たきりの体では体重のかかる部分が決まっているから、どうしても血流は滞留し筋肉は硬化する。急性期病院では理学療法士がリハビリのためのマッサージをしてくれるので、鬱血や硬化はある程度防げるけれど、いま受け入れてくれる医療施設ではそれができない。
看護師は「とこずれの兆しはみられません」と言うのだが次兄はひどく気にしている。本人は強い苦痛と違和感を味わっているのだ。
だから私が見舞いに行くとまず求められるのはマッサージだ。強く揉んで欲しがる。どの部位もまったく動かせないのだからどこを触っても「こり」がある状態。一日、全身のあちこちを揉んだり伸ばしたり引っ張ったり、理学療法士のやってたのを見よう見まねで刺激してやると、とても気持ちよさそうで、そのうち眠ってしまう。
もちろん家族もマッサージはしているのだが、痩せたとはいえ病人の体は重い。寝たままで腰や背中を充分にもみほぐすのは出来ない。
一日、八時間はベッドのそばで動かないのだが、全身を揉みほぐしてやるこちらも汗みずくになる。ベッドがそのままマッサージチェアふうになっていれば患者は喜ぶと思うのだが、そういう製品は無いだろうね。
その間、痰がからんで苦悶するのはしょっちゅう。寝たきりの病人というのは「生きる屍」と形容され、ジッと横たわっているだけのような気がするが、そうではないのだ。活動する肺はしょっちゅう痰を排出しているのだということを私たちは意識しないが、痰を自力で排出できなくなる患者を見ていると、その処理だけでも大変だということが身にしみて分かる。
(私たちは意識せずに、常時、痰を呑み込んでいる)。
傍にいることが出来れば毎日でもやってやるのだけれどね。私が帰る時はいつも悲しそうな顔をするので、その時が辛いのだ。
「任務」を終えてホテルに戻ると、頭が痺れたようになってる。定期的にする目薬の点滴をするため仰向けになって、点滴後一分間は目を瞑っているよう指示されている。そしてハッと気がつくと三十分ぐらい眠っている。
昨日は旧友と会う予定があったのだが、少し時間があったので「ちょっとだけ」うたた寝しようと思ったら、思いがけなく深く眠ってしまい、ギリギリに目覚めて遅刻してしまった。まあウイスキーとマイスリーを使わないだけ健康的とは言えるな。
今回は胃瘻(いろう)造設手術を行うというので、手薄になる家族の支援に出かけたのだが、鼻から食道にチューブをとおす経管栄養補給の苦痛を軽減すると期待された手術は、実施直前、胃の形態が手術不可能の状態にあることが分って中止された。
胃瘻手術は無駄な延命措置(いわゆるスパゲッティ症候群)の元凶でもあると言われ、次兄もまだ口がきける状態の時に「全身不随になっても気管切開と胃瘻造設は絶対にやるな」と命じていたもの。それでもいまも続く苦痛を軽減するためにはそのほうがいいと医師に説得され、家族も本人もようやく納得して受け入れたのだが、それが不可能となって、苦痛はえんえんと続く。まあ「しないほうがいい」という神のはからいかもしれないよ、と家族を慰めたのだが、それは慰めにも何もなっていない。
私は両親をガンで亡くしたから末期の苦痛をこの目で見ていて、「早く楽にしてください」と治療の中止を医師に訴えたものだが、いつ終わるとも知れない苦痛にさいなまれる次兄と看護に疲れ果てている家族を見ると、余命が誰の目にも明らかな末期ガンのほうがよほど慈悲深い病ではないかと思うこのごろだ。

イイネ!(2) 霞 鈴木輝一郎
============================
コメント
ぐらんぴ 2012年05月13日 03:15
と言いながら、今日はいつもより早めにホテルへ戻れたので、早めに寝たら深夜、目が覚めた。ウイスキーとマイスリーの世話になることに。

 2012年05月14日 09:38
ご苦労さまです。
でも、身内に介護されて、兄上はお幸せですね。
母の床ずれは、とてもよく効くチューブ入りの塗り薬があって、助かりました。入院してからは、動かせるし、入浴もしてもらえるので、心配いりませんでした。ただの老衰でしたから。90代でしたが、頭はしっかりしていましたね。病人というわけでもなく、眠るように亡くなりました。

兄上が、苦しまずにおられますことを祈っております。ぐらんぴ様も、くれぐれも体調を崩されませんように。

鈴木輝一郎 2012年05月14日 16:38
「イイネ!」をクリックする話ではないんですが、他に思いつかないので。
よりよい方向に導きがありますように。

くまくま('(ェ)') 2012年05月15日 08:32
両親の介護をしていた頃を思い出しました。
母は心筋梗塞で倒れ、その際に脳梗塞も併発したため右半身が麻痺してしまい、寝たきりの生活でやはり床ずれが出来てしまいました。治るまでに半年近くかかりました。
母の介護を始めて2年目の冬、父は誤嚥性肺炎で入院し、精密検査の結果、肺がんとわかりました。
あらゆる抗生物質を試してもらったのですが、効果がなく、死を待つだけになってからの1ケ月は本人も私にとっても辛い毎日でした。
数時間ごとの痰を除去するためチューブを鼻や口、切開した気道から入れる時の苦悶の表情は今も忘れられません。
スポンサーサイト

懐かしのアナログ・オーディオ・システム 2012年04月30日

レコードプレーヤー

オーディオシステム


先日、レコードプレーヤーを買ってきました。
オーディオテクニカのAT-PL300USB。
もうCDプレーヤーもめったにかけない聴かない時代になったのに、今さらアナログのレコードプレーヤーを、とお思いでしょうが、300枚ぐらいLPがあるので、内容を確認して、残すべきものはデジタル化してしまおうと思いまして。
この機種はWindowsマシンであればUSB直結でデジタル取り込みができます。
私はMacマシンですが「デジ蔵 for Mac」というコンバーターがあるので、なんとか取りこめるでしょう。販売価格は15,000円ぐらいですが、ポイントが5000円溜まっていたので、実質1万円でした。
当初、電源スイッチだと思っていたのが33←→45の回転数切り替えスイッチだったので、LPレコードがどうやっても45回転再生されるというトラブルがあり、当惑させられました。どういうわけか電源スイッチを廃止しちゃったんですね(電源プラグを入れれば自動的に通電されてしまう)。
むずかしいことを言わなければ、けっこう歯切れのいい音で再生してくれます。メリットはやたら軽いこと。どこでも持ち運べる。まあレコードプレーヤーを持ち運ぶ機会はあまり無いでしょうけど、我が家は三台のアンプが三カ所にあるので、それぞれに接続してレコードを再生することが可能です。ふつうのレコードプレーヤーだと重くてそんなことは出来ません。

写真にあるのは、書斎に組み立てなおしたオーディオセット。
すべて見事なアナログ機器です。(^_^)
CDプレーヤーはありません。
メインアンプは譲渡してもらったヤマハの旧型機で、そもそもCD入力がありません。CDが発売される以前のアナログ専用機。そしてスピーカーは古いSONYのミニコンポのもの。こいつはアンプ内蔵で、ミニコンポの本体部分がイカれたけれどスピーカーは壊れてないので、もったいないので捨てずにおき、これまでパソコンのアクティブスピーカーに使っていたのです。
ただしアンプ内蔵だけにふつうのアンプとは接続できません(分解しないと)。ボリュームもありません。うっかり入力すると最大音量で鳴りだします。
だから、ヤマハのアンプのほうとの接続はとんでもないことになっています。ヘッドフォン用ジャックから出力したのを、このスピーカー内蔵アンプに送り込んでる。だからヘッドフォンジャックからコードが出てるでしょう。
メインアンプのスピーカー出力は切って(繋いでないのだから)、プリアンプ(音量調節、音質調整)だけ使っている。なんという奇妙な使い方。私も感心しています。(笑)
しかもレコードプレイヤーからの出力はPhono端子からではなくLine端子からとりだしてアンプのAUX端子に送り込んでる。そのほうがいい音で鳴るからです。(^_^;)
接続しているカセットプレイヤーは別シリーズのやや新しいものですが、かなりイカれてて巻き戻しが出来ません。いちいち裏返しにして早送りにしてます。
カセットテープも100本ぐらいあるのですが、デジタル化するのもくたびれるので、そのままかけて聴くためのもの。たぶんLPレコードもデジタル化するのが面倒くさくなって、数枚デジタル化するだけでしょうね。

もうアナログ機器は絶滅寸前ですから、老いたマシンを工夫してだましだまし使い続けているのですよ。はは、私と同じですね。(^_^;)

イイネ!(11) 若にーる 黒木仙伍 misaki Commander-紫弩 ひな_shella 神名・Melissa=龍子 Mio 退会したユーザー かおる姫 きた
============================
コメント
ぐらんぴ 2012年04月30日 18:34
こんな苦労なことしなくても、カセットプレーヤー付きのラジカセなりミニコンポなりを買えばそれで済むんだけどねえ。(^_^;)

くまくま('(ェ)') 2012年04月30日 20:31
昔のオーディオ機器には今のものにはない風情があります。そこには作り手の情熱が感じられ、血の通わない機械といえど人が作ったものゆえの何かがありました。我が家にも1セットだけ昭和時代のものがありますが、いまだに現役で、楽しませてくれます。

ぐらんぴ 2012年05月01日 01:56
>くまくま('(ェ)')さん 
本当にそうですね。最近は電器店の陳列商品を見ても全然そそられないデザインと質感のものばかりです。結局、一番立ち止まるのは管球式アンプのところ。(^_^;) 手作り感覚の血が通っているような個性的な機械というのは、ほとんど絶滅しました(超高級機は別ですが)。味気ないデザインと質感のものばかり。パソコンや周辺機器も然りですが。

ぐらんぴ 2012年05月02日 04:06
もう誰も見てないだろうが、ヘッドフォンについて。右側に見える。
これもずいぶん古いもので、もうどれだけ長く持っているか分からないほど。
型番をたよりに検索してみたら、なんと1974年モノ。(*_*;)
http://antiqueheadphones.blog11.fc2.com/?mode=m&no=18
もう38年も使ってる……?
低域は弱いけれど、きれいな音で鳴ってくれるので、ハードロックで聴き疲れすることがない。私としてはずっと気にいって使ってる。
しかし1974年モノとはね……。マイミクさんでも生まれてないひとがほとんどじゃないかな。
うーむ。

懐かしのキャンディ・ポップ 2012年04月28日



maywood.jpg

レコードプレイヤーをゲットして、久しぶりにLPの整理。
こんなのが出てきた。

Maywood

日本ではあまり売れなかったから、メイウッドなんて、知ってる人はほとんどいないと思う。

http://www.youtube.com/watch?v=2twNf1-L85Y

オランダのポップ・デュオ。ABBAのあと輩出した女性メインのヴォーカルグループをキャンディ・ポップと称したのだが、今やすべてが跡形ないですなあ。祇園精舎の鐘の音。
しかしメイウッドはとりわけ爽やかで耳に心地よいメロディの歌を歌うので記憶に残っている。といってもファーストアルバムしか持っていないが。
時おりしも五月(まだだけど)。五月の風のように爽やかなメイウッド、キャロルとアリスのデュエットをお楽しみください。1981年。
(追補)
日本でのシングルデビューはこの『恋のパサディナ』(Pasadena)でしたね。この歌なら小耳に挟んだことがあるかもしれない。……まあダメかな。

https://www.youtube.com/watch?v=gEnMuqWcyTI

イイネ!(2) 長田一美 Commander-紫弩

消えてゆく百葉箱 2012年04月20日

百葉箱


私が小学生の頃、家の近くに測候所がありました。
ときどきラジオゾンデを飛ばしてて、それを見るのが面白かった。上層の空気の様子を測るため、測定器と無線機をぶら下げた気球を飛ばすの。
考えてみれば使い捨てみたいなものだから、もったいないといえばもったいない。
そのラジオゾンデを飛ばす広場というか野原の一画に置かれていた白い箱。
いつの間にか百葉箱(ひゃくようばこ)という名前を覚えたけど、学校で習ったのかな。
多くの学校には百葉箱があったようだけど、私の学校にあったかどうか。
(調べてみると、1953年、文部省の理科振興法というのが制定されて、こういう設備に補助金が出るようになって普及したらしい。私はこの普及の波に間に合わなかったかも)

ともあれ子供の頃から測候所と百葉箱はセットで記憶されてました。
あのなかにあるのは温度計と湿度計だけなんですね。周囲の影響がないよう、空気だけは通る箱のなかに入れられて測定される。
国際的に規格が決まっていて、たいていどこにあるのも同じ形。

ところが今の測候所では、もう百葉箱は使っていないんですってね。
昔のトイレの臭気抜きの煙突の(臭突という)上にあるようなもの(強制通風筒)のなかにセンサー式の温度計と湿度計があって、ケーブルで測候所内部にデータが伝えられる。
(写真右)
もう所員がわざわざ外へ行き、百葉箱を開けてなかの計器の示度を目視する必要はなくなりました。まあひどく簡単な装置だからね。もっと早くそうならないのがかえって不思議だ。

それでも学校などでは、まだ百葉箱は健在らしい。どうもあれが無いと学校らしくない。(笑)学校とセットになってる。
あれ、けっこう高いらしくて、単なる木の箱なのに10万円以上するらしい。

そのうち小学校からも百葉箱は消えてゆくかな。二宮金次郎の銅像の次は百葉箱ということに。

イイネ!(3) Commander-紫弩 Mio ゆずきいくと
============================
コメント
ぐらんぴ 2012年04月20日 16:49
「もう気温や湿度測ってる場合じゃないだろう。測るのならセシウムとプルトニウムだ」ということになってるかも。悲しい時代。(;_;)

霞 寿@ロープ沖縄 2012年04月20日
懐かしいお話で。三島の測候所が廃止になる時、TBS「噂の東京マガジン」に掘り下げて頂きました。富士山の初冠雪という発表が「公式」でなくなる。河口湖、御殿場…測候所の廃止は宏観発表に繋がっています。学校施設百葉箱の廃止は記録機器(紙記録)の故障>修理不能>廃止が主な理由との事でした。

ぐらんぴ 2012年04月20日 20:29
>麻屋 寿@ロープ沖縄さん そうですね。学校で百葉箱を置いても、あまり意味がないかもしれませんね。測候所と連携してるわけでもないし。手近の測定器を見て天候の変化を予測させたほうがてっとり早い。それに気圧計の自動記録は壊れやすそうだし、壊れたら面倒だ。何も百葉箱を設置する必要があるか、という議論は仕方ないところかもしれません。
誰か小学校、中学校の頃、百葉箱の面倒(というのもヘンだが)を見させられた人っているのだろうか。学校では誰がどんな用途で百葉箱を管理しているのだろうか。

霞 寿@ロープ沖縄 2012年04月20日 22:03
小5・6〜中学時代「お世話」してました。
最低・最高温度計 乾湿換算湿度計 気圧記録計(紙記録用紙の点検交換、筆針へインキ補充)
用途は、夏季・プール授業の可否 冬季・ストーブの可否
(いずれも温度規定あり)
学校菜園・花壇の種まき時期などに活用してました。 

未婚の父 2012年04月21日 09:25
百葉箱と、アナログの観測機器というのは、第一線の技術でなくても、学習体験、演習用として残されている可能性はないでしょうか。
(お役所仕事で「廃止手続きが面倒だから残っている」可能性もありますが)

私が住んでいた札幌の家2 2012年04月19日

円山時逍館2

半世紀の昔、私が住んでいた家のことがブログに紹介されていて、懐かしさのあまり、仕事そっちのけで関連情報を集めるのに熱中してしまった。

そのなかで去年の今ごろ、『円山時逍館』(それが今の建物にテナントがつけた名)の一室を借りて事務所を開設した建築士さんがブログを開いている。

『五十嵐ユースケ設計室』
http://igarashiatelier.com/blog/2011/04/17/565/

このかたが借りたのは、洋館の二階、正面に向かって右端、位置的には北西角の部屋。
外は洋風であるが、このなかにある五室(一階二室、二階三室)は応接間に二階中央の部屋が板張り床で、残り三室は畳敷きであった。この建築士さんの借りた部屋も畳敷き十畳だったと思う。銘木を床柱に使って重厚な書院造の床の間がしつらえてあり、本来は客間であっただろうと思う。方角と庭木のせいで昼間もあまり陽光が射さない暗鬱な部屋であった。
「おやおや、あの部屋を借りたのですか」

円山の家幽霊室

私は、その能力がないのだが、母は霊感めいたものを備えた人で、次兄の娘、つまり私の姪の一人もその血を受け継いでいるらしい。
彼女たちが言うには、

「あの部屋は出る」

だいたい古くなってきた家というのは、何も無くても「出る」ような雰囲気になるものだが、私も少年時代あるいは東京から帰省してこの部屋に泊まる時は、あんまりいい気持ではなかったことは確かだ。いや、体験はしていないのだけれど。
特にその部屋で何かあったという伝承もないわけで。

その設計士さんの部屋で、テナントの人たちがパーティをしている写真があるのだが、何か感じるものがあると感じる人はいるかもしれない。(笑)
写真奥が床の間である。

円山の家幽霊宴会

そして階段の写真。これは懐かしかった。踊り場の上の高い窓が記憶どおり。しかし壁は全体に傷んでいるね。

円山の家幽霊階段

この階段がね、「出る」んです。(うふふ)
いや、現実には姿は見えない。
音がする。深夜、草木も眠る丑三つ時、トントンと階段を上がる音。
私も夜、寝ていて、「おや誰かが上がってくるな」と思うことが何度かあった。
二階に暮らしていた次兄夫婦や姪たちも、この「足音」は何度も体験している。
ただ、足音がするだけで、別に悪さもしないので、あまり気にしなかったのだが、
今でも不思議である。
いったい誰が上がり降りしていたのだろうか。

本来なら、伯母が首を吊って死んだ物置に、何か出ていいはずなんだけどね、霊感豊かな私の母でも、物置にいて何も感じたことが無かったらしい。

今のテナントさんは、それぞれのセンスを活かして部屋を改装し、豊かな洋館ライフを楽しんでいるようだ。(^_^)

円山の家旧応接間


イイネ!(5) みゆき(M1号) ゆずきいくと 退会したユーザー 猫神博士 かおる姫
============================
コメント
かおる姫 2012年04月19日 19:33
最後の写真以外は、ちょっと怖いです! (>_<)

ぐらんぴ 2012年04月19日 19:48
ちょっとテナントさんに訊いてみたいものですね。
「何か……、その……、ありませんか?」
「夜、階段で足音しません?」

いや、それはまずいんだろうけど。(笑)瑕疵物件になってしまう。
まだ私の従兄の未亡人が所有している。

あやのすけ 2012年04月19日 20:48
「霊感がある!」と断言はしませんが、最後の写真以外は室内に変な気配がありますね。一番最後の写真は室内ではなく、外からみている感じ。窓そのものじゃなくて、テーブルに映った窓のほうに変な感じが・・・。

わらねこ@笑夢猫 2012年04月19日 21:38
確かにいますね…
特に階段が嫌かも。

ぐらんぴ 2012年04月20日 05:59
一枚目二枚目の部屋は、一枚目の写真では天井近くの壁が黒いのに気づかれるでしょう。塗り壁なんですが、前は全面黒かった。だからよけい陰鬱で、この部屋に泊まるといつも体調が悪かったですね。この設計士さんは仕事場だけにしているからいいんでしょうね。ブログ見るかぎり体こわしてないし。(^_^;)

みゆき(M1号)2012年04月20日 07:03
わー、凄くすてきなお部屋ですねexclamationぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
私霊感ゼロだし、ちょっとくらい出てもこんなおうちに住みたいですぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)

ぐらんぴ 2012年04月20日 10:59
いつだったか、安田理央さんに頼まれてAV作品に出演したんですよ。撮影がどっか三軒茶屋の向こうの民家をスタジオにしたところで、古い家なんですよ。それこそ札幌の円山の家ぐらいな、戦前からあるような感じ。撮影はもっぱら昔の茶の間と仏間(寝室)の座敷を使ったのだけれど、縁側の突き当たりに四畳半ほどの書斎めいた洋間があって、家具が雑然とあるだけで使われていない。陽当たり眺めともによいのに女優さんの控え室にも使われてない。そうしたら男優さんたちの控え室で二人の男優さんがしゃべっていて、どちらも霊感あるタイプ。期せずして二人が「あの部屋、いますね」「そうなんです、いるんですよ」と言いだしたので驚いた。(笑)なるほど、それで使われていないのか。

 | HOME |  古い日記に行く »

文字サイズの変更

プロフィール

ぐらんぴ

Author:ぐらんぴ
官能作家・館淳一。趣味は路上観察、雑学研究からセーラー服ウォッチング、美女装子探しまで、なんでも探索。
館淳一ホームページ

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (1721)
飲食店 (6)
Mac (8)
電子書籍 (4)
mixi (4)
身辺雑記 (64)
美少女 (2)
セーラー服 (2)
ネット (3)
仕事 (10)
文学・小説 (11)
雑学(地名) (3)
出版・編集 (6)
雑学(死語) (5)
永井荷風 (5)
雑学(モノコト) (8)
事件(社会) (14)
事件(世界) (6)
政治 (1)
道具 (3)
回想 (10)
SM (2)
路上観察 (13)
女装 (6)
工作 (1)
ミュージック (6)
雑学(軍事・武器) (2)
アート・美術 (6)
原発 (7)
怪談・超常現象 (3)
病気 健康 (3)
ランジェリー (2)
夢 幻覚 (1)
映画 映像 (2)
料理 酒 (3)
日本語 (2)
植物 (13)
雑学(地理 地史) (3)
雑学(英語 外国語) (1)
芸能タレント (1)
鉄道 (1)
ゴシップ (2)
廃墟 (1)
建築物 家屋 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。